アルブチンとは?成分の特徴、効果、副作用を解説

コケモモのイメージ画像

 

このページでは、ネオわらびはだに含まれる美白成分のひとつ、アルブチンの成分の特徴や効果、副作用の危険性について解説します。

 

肌のシワを改善してくれるオールインワンジェルとして、今口コミを中心に大人気のネオわらびはだ。

 

どちらかというと、「シワ改善」効果の方が注目されているネオわらびはだですが、実際には他にも様々な効果や作用をもたらしてくれます。

 

その中のひとつが、「美白作用」。

 

つまり、シミ改善効果ですね。

 

いくら、ネオわらびはだで「シワ」を改善することができても、「シミ」が目立つ肌では、やはり恥ずかしいですよね。

 

そこでネオわらびはだは、「シワ」でけではなくて、「シミ」に対してもしっかりとアプローチできるように、「アルブチン」という成分を配合しました。

 

様々な化粧品でも配合されているこのアルブチンという成分。

 

果たして、どんな特徴効果があるのでしょうか?

 

また副作用の危険性はないのでしょうか?

 

詳しく調べてみました。

 

 

アルブチンとは?

まずは、アルブチンの成分の特徴について解説します。

 

アルブチンとはいったいどんな成分なんでしょうか?

 

成分の特徴

アルブチンは、英語で、「arbutin」といいます。

 

アルブチンの最大の特徴と言えるのが、美白作用です。

 

具体的な効果については後述しますが、まず、

 

「アルブチンは2種類ある。」

 

ということを覚えておきましょう。

 

α-アルブチン

α-アルブチンとは、化粧品に多く配合されている美白成分です。

 

もう少し具体的に言うと、「ハイドロキノン」という美白成分に、「ブドウ糖(グルコース)」を結合した物質のことをいいます。

 

α-アルブチンは、特徴として、β-アルブチンの10倍のメラニン生成抑制効果があることで知られています。

 

β-アルブチン

ウワウルシ、コケモモ、ナシなどのツツジ科のハーブに含まれている成分です。

 

一般的に「アルブチン」というと、こちらのβ-アルブチンのことを指す場合が多く、「ハイドロキノン」と似た分子構造を持つのが特徴です。

 

ネオわらびはだに含まれているのはβ-アルブチン

ネオわらびはだに含まれているのはβ-アルブチンです。

 

α-アルブチンと比べると、メラニンの生成抑制効果は低いとされていますが、それでも、メラニンの合成を阻害する効果に注目して、配合されています。

 

ハイドロキノンとは?

ここまで書いてきたように。

 

アルブチンはハイドロキノンと似た分子構造を持っています。

 

では、そのハイドロキノンとはなんでしょうか?

 

英語では、「hydroquinone」と言われるため、日本語では「ヒドロキノン」とも言われています。

 

ハイドロキノンは2001年に施行された化粧品成分の規制緩和で化粧品への配合が許された強力な美白成分です。

 

アルブチンと違って、糖がついていないぶん、肌を白くする「還元力」は強いものの、その分刺激も強い側面があります。

 

そのため、化粧品にハイドロキノンが配合されるときは、「刺激」を減らす様々な工夫が成されています。

 

そのひとつが、アルブチンなどの「誘導体」を用いた配合方法です。

 

アルブチンの効果は?

ここまでも、ある程度書いてきましたが。

 

アルブチンにはどんな美容、美白効果が期待できるのでしょうか?

 

言い換えると、どんな効果を期待して、ネオわらびはだに配合されているのでしょうか?

 

メラニンの生成を抑制する効果

アルブチンは、メラニンの生成を抑制してくれる効果が期待できます。

 

シミができる仕組み

少しだけむずかしい話をすると、肌に「シミ」ができる仕組みは以下の通りになっています。

 

  1. 紫外線などの原因で肌の細胞の中にある「メラノサイト」が活性化
  2. メラノサイトの中に存在する「チロシン」がチロシナーゼというメラニン生成酵素の働きで「ドーパ」という物質に変化。
  3. さらに、「ドーパ」は「ドーパキノン」に変化したのちにシミの原因となる「メラニン」に変化
  4. そのメラニンがケラチノサイトという表皮細胞に蓄積してしまってシミが表出

 

という流れになっています。

 

アルブチンがチロシナーゼに作用

そこで、ネオわらびはだは、「アルブチン」を配合することで、メラニンを生成する「発端」となる働きの、「チロシナーゼ」に作用します。

 

要するに、アルブチンがシミの原因となるチロシナーゼの働き・活性を阻害。

 

その上、チロシナーゼを含むメラニン生成に必要な酵素の量事態を減らす作用が期待できます。

 

アルブチンでは、「シミ除去」はできない

アルブチンには、シミを「抑制する効果」は期待できます。

 

つまり、「シミの予防」効果です。

 

ただし。

 

アルブチンの原型とも言える「ハイドロキノン」にはシミを「除去」する効果が期待できるものの。

 

「アルブチン」そのものは、シミを除去する力を持っていません。

 

あくまで、抑制、予防に特化しているのがアルブチンです。

 

すでにできてしまったシミを除去したいからといって、アルブチンが配合されている化粧品を使用しても、シミをなくす効果は期待できないということになります。

 

アルブチンの副作用の危険性は?

少し、むずかしい話になってしまいましたが。

 

アルブチンが、「シミ抑制への効果」が期待できると言うことまではおわかりいただけたのではないかと思います。

 

だからこそ、ネオわらびはだは、そのアルブチンを配合することで「これ以上シミを増やさない」ようにしてくれているんですね。

 

では、そんなアルブチンには副作用の危険性はないのでしょうか?

 

詳しく調べてみましたが、

 

アルブチンによる副作用の危険性はほとんどありません。

 

といのも、前述したように、アルブチンの原型とも言える、「ハイドロキノン」は、美白効果が高い分、肌への刺激の危険性も含まれているのですが・・・

 

その「ハイドロキノンの肌への刺激」を緩和して、肌に浸透しても問題ないようにしてくれたのが誘導体であるアルブチンです。

 

そのため、ハイドロキノンを直接肌に塗布すると、「白斑」(肌が突然白くなる症状)の危険性がありますが、

 

アルブチンそのものには、肌への危険性はほとんどありません。

 

アルブチンは安心して使用できる美白成分であるといえます。

 

アルブチンの成分の特徴、効果、副作用のまとめ

少しむずかしい話になってしまいましたが、アルブチンの特徴や効果、副作用の危険性についてある程度おわかりいただけたでしょうか?

 

今回の内容をまとめると・・・

 

  • アルブチンはコケモモなどの植物に含まれるハイドロキノンの糖誘導体
  • ハイドロキノンは医療機関でも使用される強力な美白成分
  • ネオわらびはだに配合されているのはβ-アルブチン
  • シミの原因となるメラニンの合成を抑制する効果が期待できる
  • 刺激、副作用の危険性もほとんどなく、安心して使える美白成分

 

ということがわかりました。

 

そんな、シミの予防には欠かせない成分とも言えるアルブチンを配合しているからこそ。

 

ネオわらびはだを使った多くの女性が、シワ・シミへの高いアプローチに喜びの声を上げているんですね。

 

ネオわらびはだの全般的な詳細はこちらのページで解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

 

【効果なし?】ネオわらびはだ を使った口コミ!